交通遺産をめぐる

関西を中心に隧道,橋梁,廃道などの交通遺産を探索しています.各物件の場所は,トップページのレポートマップをご参照ください.

廃景

敦賀市の金ヶ崎隧道 (2021. 6. 10.)

越前国・敦賀の交通の難所,金ヶ崎.車道としての役割を終えて静かに眠る明治隧道と,現役の昭和隧道を訪れた.

敦賀港線跡 (2021. 6. 10.)

陸海の交通の要衝,そして大陸への玄関口として発展した福井県敦賀市.鉄道と船舶を連絡し,歴史的にも重要な役割を果たした敦賀港線の廃線跡を探索した.

国道303号 水坂トンネル~寒風トンネル旧道【後編】 (2021. 6. 10.)

前編・中編より続く.かつて2車線の幹線国道として活躍し,今は徐々に自然に還りゆく国道303号寒風トンネル旧道の,西側の現状をレポートする.

国道303号 水坂トンネル〜寒風トンネル旧道【中編】 (2021. 6. 10.)

前編より続く.雑誌でも取り上げられた国道303号寒風トンネル旧道の,今の姿をレポートする.

国道303号 水坂トンネル〜寒風トンネル旧道【前編】 (2021. 6. 10.)

若狭地方の海産物を,行商が担いで京の都に運んだ鯖街道.現在も幹線道路として日々多くの車が行き交う陰で,ひっそりと死にゆく廃道を訪れた.

新和歌浦第一隧道・第二隧道 (2021. 6. 5.)

大阪からもほど近い,風光明媚な和歌浦.観光開発のために明治期に掘られ,現在は残念な状態で放棄されている廃隧道を訪れた.

伊勢竹原駅 (2021. 5. 30.)

昭和初期に開業した名松線・伊勢竹原駅.そこで見たものは,想像を超える廃景だった.

国道1号 鈴鹿峠旧道 (2021. 5. 25.)

国道1号の難所,鈴鹿峠.道路改良の歴史を物語る,魅力的な旧道群を探索した.

綾部市の弁天橋 (考察編)

以前訪問した綾部市の弁天橋について,気になることがあって調べていた.疑問が完全に明らかになったわけではないのだが,現時点で可能な限りの調査を終えたので,その結果を報告する. ※上の画像は2021年5月3日に撮影したもの.

【再訪】奥山田第三隧道 (2021. 5. 15.)

近くを通ったついでに,私の活動の原点とも言える廃隧道を再訪してきた.

五條病院周辺の五新線遺構 (2021. 5. 4.)

下田橋からの帰り道,未成に終わった旧国鉄・五新線の遺構を見つけたので,バスまでの時間に少しだけ探索した.

五條市の (旧) 下田橋 (2021. 5. 4.)

奈良県五條市にある,国道の旧橋.著名な橋ではないが,その写真を見た時からずっと行きたいと思っていた.奈良県の古橋を巡っていたこの日,その橋をついに訪問した.

綾部市の弁天橋 (2021. 5. 3.)

引き続き京都北部編である.由良川に架かる,朽ちゆく廃吊橋を訪れた.

黒田隧道 (2021. 5. 3.)

連休中のこの日は,車で京都府北部の探索に出かけた.最初に訪れたのは,京都市の最北端・京北の地に眠る廃隧道である.

西濃鉄道市橋線 (2021. 4. 30.)

美濃赤坂シリーズ最後の記事となる.昼飯線跡の探索を終えた後,日没を迎えて暗くなる中,現役貨物線である西濃鉄道市橋線の探索を決行した.

西濃鉄道昼飯線跡 (2021. 4. 30.)

美濃赤坂シリーズ第二弾.今回レポートするのは,この旅の主目的,美濃赤坂駅からかつて延びていた貨物線・西濃鉄道昼飯線の廃線跡である.

山添村の旧長尾橋 (2021. 4. 24.)

国道477号の水没区間の探索を思いのほかあっという間に終えた私は,まだ時間があったため,以前から気になっていた奈良県山添村の廃橋に寄り道した.

国道477号旧道・蔵王ダム水没区間 (2021. 4. 24.)

前回に続いて廃道ネタであるが,今回はダムの建設によって水没した旧道という,これまた異色の,しかし美しい道路をレポートする.

名取トンネル旧道 (2021. 4. 21.)

この記事が愛媛旅行編の最後となる.国道197号,名取トンネルの旧道を訪ねた.旧道と言っても峠越えの道ではない.今回レポートするのは,特異な経緯によって廃道化した,まだまだ新しい道路である.

内子線旧線跡 (2021. 4. 21.)

愛媛の旅,2日目.この日最初に訪れたのは,内子町を走るJR内子線のうち,経路変更によって廃線となった区間である.

宇和島市・愛南町の (旧) 鳥越隧道 (2021. 4. 20.)

前回の記事の続き.大渡隧道を訪れた後は再び愛媛県に戻り,この日最後の目的地である「鳥越隧道」に向かった.同名の隧道は各地にあるので,記事タイトルに地名を冠してある.

高研隧道 (2021. 4. 20.)

愛媛シリーズ第3弾.愛媛県と高知県の境にある高研 (たかとぎ) 隧道を訪ねた.

旧二ノ瀬橋 (2021. 3. 31.)

前回の記事の続き.西塔橋を後にした私は,次に鞍馬に眠る廃橋を訪ねた.

上清滝橋 (2021. 3. 27.)

京都市北部に眠る古橋「上清滝橋」を訪問してきたのでレポートする.

津市美里町・伊賀市の (旧) 長野隧道と国道163号旧道 (2021. 3. 6.)

伊勢国と伊賀国を隔てる長野峠に眠る明治隧道・旧長野隧道を訪ねた.ついでに,その次の世代,すなわち昭和道である国道163号旧道とトンネル (長野隧道) の現況についても見て来た.

千早洞 (2021. 2. 25.)

大阪府唯一の「村」・千早赤阪村に眠る廃隧道,その名も千早洞を訪ねた.

針インターチェンジの廃ランプウェイ (2021. 2. 23.)

名阪国道,針インターチェンジ.今まで併設の道の駅に行くために何度か利用したことがあるが,そこに廃道と化した旧ランプウェイがあると知って,この度訪問してきた.

奥山田第三・第二隧道,旧池田隧道 (2021. 2. 14.)

最近古いトンネルが好きで,ちょくちょく訪問している.この日は朝から2か所を巡った.

多賀SLパーク跡 (2021. 2. 11.)

家からさほど遠くない割に行ったことのなかった有名物件に行ってきた. パーク自体の情報はググればいくらでもヒットするので詳細は割愛するが,名前の通り滋賀県多賀町にあった SL ホテルの跡地で,ホテル客室として使われていた客車は既に解体され,機関車…